経営者がアパート買取を選ぶメリット

不動産経営を考えた時、マンションやアパートを候補に選ぶことも多いと思いますが、もちろん、もうすでにアパートなどを経営している方もいらっしゃると思いますが、長年経営をしていると、建て替えするか、処分するか、判断を迫られるタイミングが必ず来ます。どちらがいいのか判断に迷うこともあると思いますが、ここでは、建て替えではなく、売主として、不動産業者などに買い取ってもらうことを決断した方に向けて、お得な買い取り業者を見つける目安になる記事を書いてみたいと思います。まず、アパートやマンションを処分する時、「売却」と「買取」の二つの方法があります。その二つのどう違うのか、比べてみましょう。まず、「売却」の場合ですが、不動産業者に仲介を依頼し、不動産業者の手によって買ってくれる相手を探してもらい、買ってくれる方が見つかり、取引が成立したら、不動産業者に手数料を支払う、というもの。それに対して「買取り」は、売りたい物件を買取り専門業者などにあなたが売り主として直接売買する、ということになります。仲介者がいるか、直接売るかの違いになります。基本的に、買取りの場合は、売却よりも少し安く取引される傾向になりますので、一般的には、売却を選ぶ方のほうが多いと思います。では、買取りを選ぶメリットはどこにあるのでしょう。まず、すぐに買い取ってくれ、基本的に現金で支払ってくれるので、現金化するまでの期間が短いことがあげられます。専門業者に頼めば、数日後には現金を手にすることができることがあります。次に、最近の買い取り専門業者さんの中には、手数料を無料としている業者さんがありますので、仲介手数料を無料にできる場合がある、ことがあげられます。そして、売却の場合、売却後一定の期間の間に、雨漏りや配管の水漏れなどの不具合が生じた場合、売主が修繕しないといけないのですが、買取りの場合はその責任は免除されますので、取引が終わった後、新たにお金が必要になることはありません。以上いくつかのメリットを挙げてきましたが、ほかにも考えられるメリットはあると思います。売却にしても、買い取ってもらうにしても、大きな金額の取引になりますので、業者さんたちから話を聞いたり、ネットで調べたり、ご自身が納得できるまで、調べつくして、処分の方法や、取引する業者を探してみるべきだと思います。アパートの処分に後悔がないよう、じっくりと検討してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です