賃貸マンションの価格相場については

“不動産物件の価格の推移については
アベノミクスという政治動向、あるいは2020年の東京オリンピックを予定しているところからか不動産の価格は2013年あたりから上昇傾向にあるとされています。
金融緩和によって不動産投資を行う場合融資が受けやすくなり投資家も増えているとされます。海外、特に中国からの不動産を外国人の移動が見込まれることを目的としてこれを購入する機会が多くなって来ているとされます。特に日本は収益率も5%以上として高く安定していることもあってこの種の投資を行うケースも増加していると言われています。
全国的な地価公示価格の推移から見ても2015年時点において前年比で約3%の上昇となっています。最も上昇率が高いのは東京都でそれに次いで宮城や名古屋となっているようです。
東京都内では千代田区が11.24%の上昇、次いで中央区の10.16%の上昇となっていて地価の上昇傾向が見られます。
新築住宅の価格も資材の高騰とか人材不足などから価格も上昇傾向が見られると思われがちですが、実情では新築マンションの価格は東京オリンピックの決定した直後に比較すると5%ほど下落しているとされます。
一方中古不動産物件の価格は2013年から上昇傾向にあるとされ、特にマンションにおいて著しいものが見られます。

築年数その他における物件価格の下落傾向では
マンションの築年数に伴う価格についてはサイトからその推移を調べることも出来ます。
多くの場合は築年数に伴って価格は下落して来ることになります。主要な駅からの徒歩時間が遠ざかるに従って下落傾向は多くなり、又、築年数が多くなる程この傾向も高まるとされます。
人気のあるエリアや、住みたいとされるランキングに入るエリアではその下落率は比較的に少ないとされています。
賃貸物件はそのエリアにある同じような条件の物件があれば、家賃が下がればそれに合わせて同じく家賃を下げるということも行われるとされ、これは空室が生じないためにも意思に反して行われることもあるとされます。賃貸物件の家賃は物件の土地の売買価格にも連動し、投資物件の価格にも関係しています。

【不動産・土地売買】都道府県別リサーチ!四国エリアの相場ランキング
地方においては土地の地価がどういう状況にあるのかも調べてみますと、四国4県の平均地価は2016年においては全国で16位から25位に位置しているようです。
愛媛県が坪当たり平均19.4552万円、高知県が16.6426万円、香川県が15.5451万円、徳島県が15.5418万円となっていて松山市、高知市、高松市、徳島市といった県庁所在地が高くこの順番になっているようです。ただ前年比では僅かながら下落傾向が見られます。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です