アパート買取り業者選びの審査項目

不動産の買取業者とは
あらゆる投資には、保有している間継続的に得られるインカムゲインと、手放すことで一時的に得られるキャピタルゲインがあり、アパート経営におけるインカムゲインは家賃収入、キャピタルゲインは売却益になります。
不動産を売却する方法は、不動産会社に買い手を探してもらい、契約の仲介をしてもらう媒介契約と、不動産会社自身に物件を買い取ってもらう、買取の方法があります。
不動産会社は、買い取った物件をリノベーションするなどの付加価値を付けて売却するため、仕入れ原価にあたる買取価格は、一般的に仲介で直接エンドユーザに売却するよりも価格は低くなりますが、不動産会社との取引なので仲介手数料が要らない、買い手が現れるのを待たずにすぐに資金化できるなどのメリットがあります。

アパート経営は毎月の安定収入が魅力ですが、空室リスクと、固定資産税や保険などの固費と、設備の維持管理コストがかかります。アパートを売却することで、家賃収入の数年分に相当するまとまったお金が手に入り、以後のコストがかからなくなる、空室リスクを心配する必要がなくなるなどがメリットです。
アパート売却の価格を判断する場合、物件の立地や広さなどを根拠にする方法と、収益力を利回りに換算する方法の二種類があります。賃貸している不動産は、入居者がいる限り自由に建替えたりすることができないので、物件の立地や広さで評価をしても、その通りに利用することができません。
そこで、物件の立地などよりも年間の家賃収入の収益力に注目するのが利回り換算の方法です。
アパート買取り業者を比較する場合の審査項目は、物件をどのように評価して、どれくらい高く買い取ってくれるかがポイントになりますが、その場合、現在の入居率を基準にするか、満室での収入に一定の割合(稼働率の見込み)をかけたものにするかなどで、信頼の度合いを測ることができます。

アパート売却で、確認しておきたいのが瑕疵担保条項です。瑕疵担保とは、引き渡した後に不具合が判明した場合に、売り主である元の所有者が保証をする責任です。
買取業者に売却する場合、個人間の取引よりも瑕疵担保責任を軽減または免除して、売却後に売主が責任を負う危険を軽くすることがありますが、これを契約に盛り込むかも、業者の信頼性の審査項目として重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です