アパートの買取時には見積り条件をすべて明示してもらう

アパートの買取をしてもらうときは、不動産屋に見積もりを出してもらいましょう。いくつかの不動産会社に見積もりを出してもらったうえで、価格が高いところに決めるというのも大切です。

新しい住居が決まっていて、売却を急いでいない場合はゆっくり構えるのも一つの方法でしょう。しかし、そこに住んでいる状態であれば、実際に売れないと行動に移しにくい側面もあります。

実際に住んでいなくても、家は早く売却したほうが、価格が高いのが一般的です。そのため、長い時間がかかればそれだけ価値が下がってしまいます。また、アパートの個別の部屋ではなく、棟全体で売却するためには、一般の購入客とは客層が違うでしょう。

そのため、住居用であれば、一般の客にターゲットを絞った不動産屋を選びます。そして、棟ごとの売却であれば、アパートを投資対象として扱っている客層に顔が広い不動産を検討する必要があるでしょう。

最終的に価格を決定するのは売り主です。アパートの部屋の売却では土地の価格を加算しないため、一軒家に比べて価格がわかりにくいという側面もあるでしょう。そのため、見積もりを出してもらうために、評価額など価格を決めるに至った条件をすべて明示してもらうと分かりやすくなります。

査定を出してもらい話を聞き、信頼できそうな不動産屋に頼むというのがベターですが、買取をしてほしいアパートの近隣にある物件の販売価格を調べておき、自分でこれくらいで売りたいという価格を決めておくのも不動産会社を選ぶときに有効です。

自分で価格を出しておいた場合は、不動産屋との価格に差があれば、その理由をすべて明示してもらうと納得しやすいでしょう。

この記事もオススメです。
査定を複数に申し込む理由と不動産会社が査定で使う方法

売却する値を決め、不動産屋と契約を結びます。そのときに、複数の不動産屋と仲介を頼みたいときには一般媒介契約を、その不動産屋に頼みたいというときは専任媒介契約を結ぶ必要があるでしょう。一般的に専属専任媒介契約か専任媒介契約を結んだほうが、売却に力を入れてくれます。

契約後に実際に売却できる状態になります。不動産屋が広告を載せ、広報活動をしてくれるでしょう。そのアパートに住んでいる状態であれば、いつでも購入希望者が家の中を見られるように綺麗にしておくことが必要です。

実際に売却をして売買契約を締結しましょう。そのときに決まった条件によって、様々な手続きを終えた後、引き渡しが完了します。その後、不動産屋に仲介手数料を支払い、契約が完了するでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です