アパートの買取に関するノウハウとは

22年とされています。これは耐用年数と言われるものですが、減価償却によって新築時から毎年減少すます。そして22年後にはその価値はゼロになるわけです。つまり買取価格は土地の価値分しかなくなるということになります。実際にはその評価額は他にも色んな算出方法があります。例えば、投資用物件は、利回りを元に売買価格を決めます。アパートも同じですが、まず家賃収入は築年数の経過によって減少していきます。つまり物件の価格もその家賃収入の減少に伴って減少するというわけです。さらに空室率も上昇するようになるので、まず周辺の同じくらいの築年数で空室率を調べます。それを元に実際の家賃設定から実質的な収入額を算出します。そこに利回りを充てることで、売買価格を算出することができます。この売買価格ですが、仲介によって買い手と取り引きする金額となります。買取の場合にも、引き取った業者はリフォームした後にこの価格で再販します。つまり、再販価格からリフォーム費用と業者の利益を差し引いて買取価格が決まります。そこで少しでも高い金額で引き取ってもらうためには、リフォーム価格をいかに抑えるかがポイントになるわけです。けれども不動産会社としては、再販しやすいように少しでも付加価値をつけるようにリフォームしたいと考えます。最新の設備を取り入れれば、リフォーム費用もそれなりにかかってしまいます。そこで、販売力の高い業者を選ぶことで、それほどリフォームにお金をかけることなく済むようになります。投資物件を求めるニーズを的確に把握している業者であれば、程よいリフォームで済ませて売却することができます。また地元で長く活動している業者であれば、投資用のアパートを探す顧客を抱えている場合もあります。そのような業者を複数選んで、買取の査定金額を提示してもらうように依頼することになります。その中で最も高い金額を提示する業者に依頼することで、高値で処分することができるというわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です