10年経ったアパートの買取を依頼できる業者の選び方

アパート経営をしていると、途中で売却するケースが出てきます。新築当初は高い家賃設定でも満室になるものですが、築年数が経過すると建物は次第に劣化しますし、賃借人を埋めるために家賃も下げることになります。それでも空室が出るようになりますし、利回りの低下につながっていきます。そこで10年ほど経てば、改装して運用を続けるか、それとも売却するかの選択肢を迫られることになります。すぐにでも手放したい時には、買取サービスを利用する方法があります。

買取サービスは不動産会社に直接購入してもらうことになりますが、仲介手数料が不要となることがメリットと言えます。またすぐに取り引きが成立するので、処分も早くに済ませられます。その際の業者選びでは、適切な買取価格を提示しているかどうかを調査することが必要です。というのも、このサービスは相場より数割安い価格となるために、適正なものであるかどうかをチェックする必要があるからです。調査に必要なデータは周辺の同じような築年数のアパートでの利回りと空室率です。

例えば築10年の場合、空室率もそれなりの数値となりますし利回りも新築時と比べると低下します。その数値を元にすれば、自分が保有するアパートの評価額がどの程度になるのかを知ることができます。ただし買取の場合には、そこから様々な金額が差し引かれることになります。まず業者が再販する前に行うリフォームの費用があります。多くの場合は賃借人が住んでいる状態で引き渡すので、外観の手入れがメインとなります。外壁や屋根の補修をして、雨漏りを防ぐようにするわけです。その費用をいかに抑えることができるかによって、買取の金額も増えるようになります。そこで複数の業者に査定を依頼する際に、その根拠となるデータと共にどの程度の補修を行うのかを聞いておくことが大事です。

この記事もオススメです。
不動産の売却では「物件の内覧に売主も立ち会ったほうがいい」理由

それによってその提示金額が適正なものかどうかをチェックすることができます。また、中には利回りの低下によって、ローンの返済が滞る場合もあります。そのような時には早急に処分する必要があります。いわゆる任意売却ですが、そのような場合にも売却よりも買取の方が向いていると言えます。その際に、ローンの残債を全て支払うことができないことがあります。そのような時には債権者と交渉して残りの残債を分割で支払う契約を交わすことになります。そのような手続きも代行して行える業者を選ぶことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です