アパート買取 売り主が売却するきっかけとは

アパートを持っていて売り主が買取や売却を考えるきっかけには色々な事情があります。例え売るときには全て空室にしたほうが買ってもらえる可能性がありますし、土地が広くて建物が小さい場合は更地のほうがより売りやすいです。

ただ売り主の都合で入居者に出てもらい更地にして売却や買取をするにも、長く入居している人を退去させるのはかなり難しいです。とくに空き室が中途半端にあると投資家しか買わないため売りにくいです。

アパートの持ち主が売ることを考えるきっかけには、持ち主が高齢になり運用が難しくなったり、維持管理などが面倒などの理由もあります。他にも後継者がいなくて建替えもしない予定の場合や投下資金を回収して老朽化が進んで修繕費が高くなる前に手放したいと考えている場合もあります。

アパートを維持するにも経年劣化で修繕費用がかかりクレームも増えてくるなら、早く売ってしまうほうが良い場合もあります。また、相続や税金対策、教育費用や事業資金確保、減価償却と借入金利子の減少で起こるデットクロスで期末決算を控えての赤字処分の決済処理などもあります。

そして、アパート買取の本当の理由はよく何かの事情により現金が必要になったときです。売り主が事業資金を得るために現金が必要になったなど、急に現金が必要になったときに売却を考えるきっかけになるようです。

このような事情で売られた物件だと買う人からすると入居率も良くて、たくさんの家賃収入が入っていても売り出されているので疑問に感じることが多いようです。この場合の原因で考えられるのは経営の失敗などです。

本当の理由は売り主が話さない限りは周囲にはわかりませんが、入居者に問題があるときや建物老朽化での修繕費用の負担が大きくなっていても、管理会社に委託しているときは大家にとって必要な業務は家賃通帳の入金管理ぐらいなので、収入が多いなら売却する必要はありません。

それでも売らなければならない理由として考えられるのはやはり現金がどうしても必要になったためといえます。
売却する理由はそれぞれ様々ですが買取だとこんな場合に向いています。

この記事もオススメです。
売れ残る原因は仲介業者の力量?仲介を依頼すると後悔する不動産会社の特徴

直接不動産業者が買い取ってくれるのですぐに現金化も可能ですし、不動産業者への交渉時間がとれない事情があるときや、既に他の業者へ仲介をしていても売却が成立していない場合や誰にも知られることなく不動産売却を済ませたいときにもおすすめです。

これ以外にもほかにも売りたい土地に土地勘がなくて不動産の伝が無いときや、潤沢に資金を回したいときにも不動産買取が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です