競売物件となる前にアパートの買取依頼をする方法

アパート経営を行っていると、空室が増えてローン返済が滞ってしまうことがあります。このような場合、ローンの残債を一括で支払うように請求されますが、それができなければ競売物件として処分されることになります。そこで早急に処分するために買取サービスを利用すると便利です。これは不動産会社に直接アパートを引き取ってもらうものですが、一般的な売却よりも時間がかからないメリットがあります。ただし買取の場合には売却よりも安い価格で引き取ってもらうことになるので、どのような業者を選ぶかがポイントになります。

その業者選びの方法ですが、まず基本的に買取業務の経験は豊富なことが条件です。買い取ったアパートはリフォームを施して再販されます。その時のリフォームにどの程度の予算をかけるのかが、買取金額に影響するからです。競売物件として処分されるよりも高い金額にはなりますが、できればローンの残債を全て支払えるくらいの額は欲しいところです。というのも、払い切ることができない残債は借金として残ることになるからです。

これはオーナーにとっては大きな負担となるので、極力高い査定金額を提示する業者を探したいところです。そこでチェックするのは、これまでどのようにして買取物件を再販してきたのかということです。リフォームの内容とその費用を確認することができれば、提示される査定金額が妥当なものであるかどうかを判断することができます。またアパートが建っている地元に詳しい業者の方が安心できます。そのエリアで物件を探している顧客を抱えている可能性が高いからです。

そしてリフォームを行う際の工事費用を安く抑えるために施工業者との付き合いも長いところが多くみられます。その結果、リフォームコストを抑えて買取金額を高くすることができるわけです。複数の業者に査定を依頼して価格を比較すれば、どこが最も高く引き取ってくれるのかを確認することができます。次にその金額が妥当なものであるかどうかを自分なりに調べることも大事です。査定は減価償却によって算出したのか、それとも利回りを計算して計算したものなのかを知るというわけです。または周辺での取り引き事例を参考にして算出する方法もあります。例えば周辺の取り引き事例を参考にしたという場合でも、そもそも取り引きがほとんど無いようであれば参考にはなりません。そのような点に注意しながらチェックしてみることが大切です。

この記事もオススメです。
騒音がうるさいマンションを売却するときの注意点

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です