アパートの買取の交渉のポイント

アパートなどの不動産を売却するときには、個人の力ではどうしようもないことがあります。そんなときには、不動産業者の力をしっかりと借りることによって、満足のいく結果を出すことができます。そのためには、アパートの買取に関する知識や不動産業者の選び方を熟知している必要があります。アパートは資産価値も大きく、買取を行ってもらうときには業者の選び方によって値段も大きく異なります。ここでミスマッチが起こってしまうと、買取をしてもらう金額が大きく下がってしまうので慎重に選びましょう。

不動産業者を選ぶときの一番のポイントは担当者です。不動産屋の評判がよくても担当をしてくれる人が優秀ではない場合には、アパートの買取も難航してしまうので見極めは大切です。いい担当者の場合は、連絡をしたらその日のうちに返信をしてくれます。電話やメールでやりとりをすることも多くなりますが、優秀な人ほど顧客の問い合わせに対してスピーディーに対応してくれます。担当者を見極めるときには、メールの返信速度や電話をどのくらいのタイミングでかけなおしてくれるかで測ってみるといいでしょう。

不動産業者に買取を行ってもらうことによって、数日で現金化できるのがメリットの一つと言えるでしょう。優秀な担当者の場合には、物件の内覧をしてもらって、契約成立までの期間が短いです。売却をするときには仲介手数料をとられますが、不動産業者に買取をしてもらうときには、仲介手数料も無料なので、アパートを持っている人にとっては大きなメリットになります。第三者の内覧をうけることもないので、他人が家のなかにあがりこんでくる心配もありません。一度だけ不動産業者に魅せれば、物件を引き渡すことができるのもメリットといえるでしょう。

気を付けなければいけないのは、担当者とのミスマッチです。契約をするときには、条件に気を付けなければいけません。物件を引き渡すときに修繕をしなければいけないケースもありますし、設備をそのまま置いておくように言われるケースもあるからです。納得のいかない部分があれば、ほかの不動産業者にも連絡をして、交渉をしてみるといいでしょう。複数の不動産をくらべながら進めていくことによって、交渉を有利に進めることができます。アパートを手放すときには、不動産業者の選び方や担当者の選び方も重要ですが、交渉術もしっかりと身に着けておくといいでしょう。また、物件は流動性のあるものなので、手放す時期を見極めることも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です