経営者がアパート買取を選ぶメリット

アパート買取を不動産業者に依頼するときには売買までのスピードが速いところが良いです。不要になったアパートを広告などに掲載していると売主は外出も難しくなってしまいます。この理由に買主が現れたときに家の案内や立会いに参加する時間が多くなるためです。少しでも高く売買するには家の掃除や手入れなども必要で生活感も無くす必要があります。

家を見やすくするには売買が決まるまでは維持する必要がありますが、契約できるかは未定ですし、契約が決まっても買主の住宅ローン借入が出来ないと最初から販売活動を行う必要があります。買取を業者に依頼するとすぐに買い取ってくれるので時間も節約できて現金化が早いので次の予定も立てやすくなります。

この記事もオススメです。
売れ残る原因は仲介業者の力量?仲介を依頼すると後悔する不動産会社の特徴

普通にアパートを売り出して広告に出すと時間だけでなく余計な費用もかかります。不動産業者に直接買取をしてもらえば余分な負担もかかりません。また、売り出した場合は売主は買主に家の案内や立会いをすることになります。案内するときには買主も真剣に家の中を調べますし、マナーが良い人ばかりとは言い切れません。

買主から色々な質問もありますからそれに対しても答える必要があります。家のことを知らない人を何度も出迎えて案内して、質問などに答える行動は大変精神的にもストレスになります。しかし、専用の業者なら買主を探す手間や案内する必要もないので精神的なストレスもかかりません。

アパートを売却するときには個人によって色々な事情があり、それが必ずしも良い理由とは限りません。事情によっては知人や近隣には知られたくないこともあります。普通に売り出すとよく知人や隣人から、なぜ売り出すのかやいくらで売り出すのかなど質問に悩まされることも多いです。
専門業者に依頼するとスピードだけでなく仲介よりも秘密も厳守してくれるので安心して売ることが出来ます。

アパートに抵当権の設定などがあっても金融機関との打ち合わせや折衝は全て業者が代行してくれます。わかりにくい手続があっても安心して任せることが出来ます。仲介で売ったときには契約が成立しても安心できません。引渡しをした後でも買主のクレームなどがあってトラブルになる可能性もあります。仲介だと売ってから1年以内に物件に不具合や瑕疵があると売主に瑕疵担保責任が発生して修復にも多額な費用がかかることもあります。最悪になると損賠賠償問題に発展する可能性もないとはいえません。

買取だと仲介ではないため仲介手数料もかかりません。一般的に仲介手数料は成約金額の3%にプラス6万円かかるとされています。これは売買代金が400万円以上ですが、代金がそれ以上になるときには買取はアパートを売るときには大変魅力です。

「買い取り」の場合、瑕疵担保責任が免除されます。仮に物件に欠陥、瑕疵があったとしても、売り主はそれに対して責任を負う必要はないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です